留学期間のOKRを考えてみた②

中国の杭州に来て5ヶ月、留学もとうとう折り返し地点を過ぎました。

ということで、残りの4ヶ月ちょいを悔いなく過ごすために、ひとまず5月末までのOKRを考えてみました。

OKRとは?
O(Objectives):「ストレッチ ゴール」と呼ばれる、自身が可能と考える設定値より高い目標。
KR(key results):計測可能で、実現すればOの達成に直接結びつくことがわかるような指標。

前回設定したOKRは指標が計測できるほど明確になっていなかったので、今回はその反省を生かしてできるだけ定量的なKRにしたいと思います。

ということで、5月末までのOKRを以下のように設定しました。

中国語
O:HSK6級で240点以上とる
KR:中間テストの成績でクラスの上位5人以内に入る
KR:6級の過去問5周する

今学期から語学生として再登録したので、残りの4ヶ月、学校では中国語しか学びません。中国語は学んでいて楽しいし、ネイティブと普通に会話できるレベルまで上達したいと思っています。

そのためにHSK6級合格は登竜門だと思っているので、なんとかこの3ヶ月で受からないと。

プログラミング
O:フロントエンジニアとして実績を作る
KR:クラウドワークスで月2つ(2週間に1個)仕事を取ってこなす
KR:入江開発室でプロジェクトに参加させてもらってJavaScript書く
KR:Vue/Reactでブログに新しい機能を加える

ブロックチェーンエンジニアになるという目標のために、JavaScriptを極めようと思います。前回はJavaScriptをちゃんと理解する前にイーサリアムとかに手を出してしまって、結局どっちもちゃんと理解できずにいるので、、

そのためにはちゃんと理解しないとダメな状況を強制的に作ること、チュートリアルとかではなくオリジナルの物を作ることが必要だと考えて、まずJavaScriptを使った案件を取ってみようかと!

それから、入江開発室でチームプロジェクトに参加したいというのはずっと思っているので、今度こそ達成したいものです。

それとモダンなフロントエンドの勉強も、自分のブログを使ってしていきたいと思います。

それからOKRとは別枠で、ブログのアフィリエイト化にもチャレンジしてみます。

このブログもそろそろ自己満足から脱して、きちんと世の中に価値を提供できるクオリティにしていきたいので、「お金をいただくからには相応のクオリティを」という自戒をこめて、、。


達成の自信度は正直50%くらい。相当頑張らないと達成できないけれど、簡単に達成できないことを目指した方が結果的には上に行けると信じて、精進してまいります。