JPモルガンが独自の仮想通貨“JPM Coin”を開発

アメリカ最大の金融機関であるJPモルガンが独自仮想通貨「JPMコイン」を開発した。JPMコインは企業間の即時決済で使われるという。

JPモルガン・チェース銀行はグローバルでみると、毎日6兆ドル以上の企業間取引を行っている。ただし今回のJPMコインを用いた試験的な取引は、数カ月以内に小規模で行われるという。

JPモルガン・チェースは、将来全世界の主要な基礎部分、すなわちグローバル決済や社債発行などはすべてブロックチェーンに置き換わるとして準備を進めている。

ブロックチェーン技術によって銀行業界が衰退していくと考えている人々にとっては、今回のJPMコインのニュースは予想外だったかもしれない。

たしかに仮想通貨を扱うのは銀行にとってリスクが大きいため、ほとんどの銀行はその仕様を避けてきたことは事実だ。去年JPモルガンとその他2つの銀行が、クレジットカードでBTCを買うことを禁止した。またゴールドマンサックスはビットコインのOTC取引プラットフォームを作る計画を見送っているという。

JPMコインがグローバル決済を可能にした時、これは銀行業界での仮想通貨の実用的な応用の一つになるだろう。

JPMコインはステーブルコインのようなもの

ビットコインをはじめ仮想通貨を所有する人々にとっては、JPモルガンが独自通貨を発表したことは衝撃のニュースかもしれないが、個人投資家はJPMコインを所有できない可能性が高い。

ビットコインなどと違い、JPMコインを所有できるのは企業、銀行などの、JPモルガン・チェースの大規模機関投資家だけだ。

JPMコインとビットコインには他にも明らかな違いがある。

JPMコインは価値変動が起こらず、必ず1単位あたり1ドルと交換できる。これはむしろステーブルコインのようなものに近い

ステーブルコイン
「価格変動(ボラティリティ)の無い通貨」を指し、価格が一定である通貨のこと。基軸通貨と「同一である」という、いわゆる等価価値を担保する必要がある。

顧客は銀行にドルを入金した後JPMコインを受け取り、顧客がコインを使った後、銀行はコインを破棄し、対応する金額のUSDを顧客に返す仕組みだ。

JPMコインのリアルタイム決済

JPMコインには3つの応用パターンがある。

1つ目は大企業間の国際決済だ。現在はSWIFT(国際銀行間金融通信協会)が主に利用されているが、各国家によって異なるシステムが運用されているため、取引に1日以上かかることもある。JPMコインを使用すればリアルタイムで決済が可能となる。

2つ目は証券取引だ。昨年4月、JPモルガンはブロックチェーンを用いた債務発行のテストを行い、カナダの銀行向けに1億5000万ドルの預金証書付きの証明書(仮)を作成した。機関投資家はJPMコインを用いて、発行済株式の即時決済を行える。

3つ目は世界中の子会社が持つ米ドルをJPMコインに置き換えることだ。ハネウェルインターナショナルやFacebookを含む大企業の監視から逃れ、従業員への給与支払いおよび資金調達などを行える。

JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOは、ビットコインを「詐欺」などと批判してきた反ビットコイン派として知られているが、一方でブロックチェーン技術は高く評価している。

ブロックチェーン技術が発展し続ければあらゆるインターネットデバイスでJPMコインが使えるようになるかもしれない。


記事ソース:Breaking!摩根大通将推出加密货币“JPM Coin”